降圧剤の服用注意

高血圧の人が多く飲んでいる降圧剤ですが、一時的に血圧を下げる効果がある反面、様々な副作用が確認されています。当サイトでは降圧剤の正しい服用方法と副作用についてまとめております。安易に薬に頼るのは危険なので注意しましょう。

降圧剤の正しい服用方法を学ぼう

高血圧症は風邪などの病気とは違い、薬で簡単に治るというわけではありません。これは患者自身が高血圧のリスクをしっかりと理解し、生涯にわたってコントロールしていくことが大切であり、血圧を下げるための降圧剤を正確に服用する必要があります。血圧というのは体の隅々まで血液を流すための力のことであり、血圧が長時間高いままだと血管にその力がずっとかかってしまうことになります。高い血圧に耐えきれなくなると血管が破れたり、動脈硬化などを起こしてしまうこともありますし、脳梗塞や脳内出血、心筋梗塞などといった病気を引き起こす要因ともなってしまいます。高血圧にはさまざまな原因がありますが、食べ過ぎや過度の飲酒、ストレスなどが主な原因として挙げられます。そこで普段の日常生活を見直していくことが大切なのですが、それでも血圧のコントロールができない場合は降圧剤を使用することになります。もちろん薬を服用するようになっても日常生活には気をつけましょう。降圧剤によって効果の持続時間は異なっており、血圧は1日のうちで何度も変動するということです。変動の幅が大きい人も小さい人もいるのですが、医師は血圧の変動や薬の作用時間などを考慮し、一人一人に最適な薬の組み合わせや服用時間を決めてくれます。正しく服用することで血圧をコントロールすることができるため、決められた回数で決められた時間に服用するように心がけましょう。ちなみに、降圧剤は必ずしも食後に服用する必要はありませんが、中には食後に服用した方が良いこともあります。降圧剤は副作用が起きにくいのですが、服用し始めてからなにか気になる症状が出たら医師に相談すると良いでしょう。